現物取引と先物取引の違いと目的|少ないリスクで投資を行なう

ウーマン

海外の債券への投資

お金と電卓を持つ男性

安定性の高い資産運用

持っている金融資産を効率的に運用するためには、グローバルな視点で運用方法を考えることが重要です。安定性を重視した運用を行いたいときには、株式よりも債券の比率を高めるのがポイントです。しかし国内の債券は利回りが低いので、海外の債券を上手に組み合わせて運用するのが理想的です。国債であれば各国の政府が責任を持って利払いをするので、安定したインカム収入が得られるでしょう。主要国の国債であれば流動性も高いので、お金が必要になったときにも換金しやすいです。各種債券を取り扱う証券会社であれば、希望する商品を手に入れることも容易です。10万円前後で購入可能な国債も多いので、ボーナスなどを活用した資産運用にも最適です。

投資するときの創意工夫

先進国や新興国が発行する国債への投資を行うときには、個別の債券ではなくて投資信託を活用するのが最近のトレンドです。投資信託であれば1万円から購入できるメリットもあり、積立て購入であれば更に小さな金額でも購入することが可能です。リスクを小さくするためには分散投資を心掛けるべきであり、特に購入時期を分散させることが重要です。世界各国の国債への投資では、為替の変動に注意する姿勢が大切です。金融情勢によって債券価格も変動するので、世界各国の政策金利の動向も調べるべきでしょう。近年では債券指数に連動するETFも登場しているので、更に低コストで資産運用が行えるのが魅力的です。長期保有によって継続的に利息収入を得ることが、投資を成功させる秘訣です。