現物取引と先物取引の違いと目的|少ないリスクで投資を行なう

メンズ

海外の債券への投資

お金と電卓を持つ男性

世界の主要国が発行した国債は、信用力があるので資産運用に適した金融商品です。小口の債券投資には投資信託が最適であり、購入する時期を分散させることが重要です。ETFを活用することで、更に低コストで資産運用を行うことが可能です。

読んでみよう

知識を得てから行おう

手

先物取引はリスクが高い商品なので、他の金融商品より注意しながら行う必要があります。リスクは高いですが、変動幅が大きいので短期間でも結構な額を稼ぐことができます。これによって、先物投資を行う方の数は現在の水準を維持していくと考えられます。

読んでみよう

簡単に投資ができる時代

握手

投資の種類

現在様々な形で投資に関する広告を見ることができます。投資の種類といえば、例えば株や債券、FXといったものをよく聞くと思います。今では初心者投資でも気軽に投資を始められる時代となりましたが、それでもなかなか投資に踏み切れない理由としては、やはりリスクが読めないことや資金不足などの不安が付いて回ることがあります。少ない資金で始められる投資として、先物取引という方法があります。しかし株やFXなどと比べて馴染みがなく、そもそも聞いたことがないという人も少なくないと思います。先物取引というのは、実は仕組みを覚えてしまえば少ない資金で始められるし、またそれは株などの他の投資と上手く組み合わせることで、その投資のリスクを少なくすることも可能となります。それでは先物取引について、簡単に説明していきましょう。

仕組みとその目的

普段私たちがコンビニで、お金と引き換えに商品を買います。このとき商品のことを現物といい、お金は現物の対価ということになります。現物は目に見えるものだけでなく、例えばマッサージ店や病院で受ける目に見えないサービスにも当てはまります。これらを現物取引といいます。先物取引とは簡単に言うと、値段が変わりやすい商品を現時点の価格で予約しておき、将来値段が変わってもその価格で売買できるという取引です。この時点では商品を買っておらず、先の将来に売買する契約を結んでいるので、これを先物取引といいます。もし契約した時点で値段が上がれば他に転売して利益になり、値段が下がれば転売しても損失になります。一般的に先物取引は、契約のときに証拠金という一時金を支払うだけで行えます。つまり現物の代金は支払う必要がなく証拠金だけで行えるので、先物取引は証拠金分の少ない資金で投資することが可能なるのです。先物取引の目的は、これ自体で利益を得ようとする投機目的や、他の投資と組み合わせてリスクを減らそうとするヘッジ目的などがあります。

比較的安全な運用方法

現金

現在、日本も含めた世界経済が低迷してきています。資産運用として、比較的安全な国債は投資先としてこれからも選択されるでしょう。国債は、投資信託として海外のものも購入することができます。その際には、格付けやCDSなどの信用リスクを確認することが大切です。

読んでみよう